青の花茶には【体にも美容にも嬉しい効果】が!

青の花茶効果

鮮やかなオリエンタルブルーの青の花茶。

 

今、SNSに投稿する人が後を立たなく話題沸騰中なんです。

 

青の花茶はその見た目もさることながら、体に嬉しい効果を持つハーブティーです。

 

その青の花茶がもたらす効果は一体どういった効果なのでしょうか?

 

青の花茶を知っている方も知らなかった方にも、分かりやすく効果をご紹介いたします。

 

青の花茶は体質改善を促す

 

青の花茶は5つの天然由来成分から作られています。

 

甜茶

 

古くから漢方などに使われおり、抗アレルギー効果が期待されています。

 

バタフライピー

 

ブルベリーの4.2倍のアントシアニンと高抗酸化作用を含みリラックス効果、眼精疲労回復効果が期待されています。

 

アマチャヅル

 

カテキンと同様の効果を持つサポニンを含み、健康効果が期待されます。がん予防、リウマチ改善効果もあり。

 

メグスリノキ

 

唯一、日本にのみ自生する植物。成人病予防や動脈硬化に効果が期待されています。

 

ラフマ

 

リラックスに有効な成分が豊富でリラックス効果が期待されています。

 

この5つの天然由来成分が作用し、体質の改善を促します。

 

・健康維持効果

 

・抗アレルギー効果

 

・美容効果

 

・便秘改善効果

 

・症状緩和効果

 

・眼精疲労回復効果

 

毎日、継続して飲むことで身体の不調の改善効果が期待できます。

 

青の花茶にはダイエット効果も

 

青の花茶はとても甘味が感じられるお茶となっています。

 

甘いとカロリーが高そうに感じられますが、青の花茶はカロリーがゼロなんです。

 

ダイエット中は甘いものを制限しがちで、ついイライラしやすくなってしまいます。

 

でも青の花茶なら甘くてもノンカロリー、リラックス効果が得られるので気持ちを穏やかにしてくれる効果があります。

 

甘いものが欲しくなった時に青の花茶を飲むめば完食が抑えられる上にリラックスも出来てしまうなんて、とても手軽ですね。

 

また、青の花茶に含まれているバタフライピーには血流を促進する効果も入っているので、代謝アップ効果!

 

ダイエット効果的してくれる成分ばかりで、ダイエットの励みになってくれるんです。

 

青の花茶にはカフェインも入っていませんので、夜寝つきにくい方には寝る前に飲んでも安眠効果が期待できます。

 

青の花茶の効果まとめ

 

青の花茶の効果をご紹介させていただきましたが、いかがでしたでしょうか?

 

青の花茶は様々な効果で身体の調子を整えてくれるハーブティーです。

 

毎日飲むだけで体調が改善されていくのは、手軽で続けやすいかと思います。

 

ぜひ、青の花茶で不調を改善し、健やかに健やかに過ごしてくださいね。

 

青の花茶の詳しい情報は公式サイトに掲載されていますので、ぜひご覧下さい。

 

>>体質改善効果の青の花茶の詳細はこちら