妊娠中に飲んでも良いの!?

青の花茶妊娠中

青の花茶はSNSで話題の天然由来成分配合のハーブティー。

 

甘いけどカロリーゼロでダイエット中でも気にせず飲めます。

 

カロリーがゼロなら色々と制限が多くなる妊娠中も楽しみたい方もいると思います。

 

でも、青の花茶は妊娠中に飲んでも大丈夫なのでしょうか?

 

妊娠中に青の花茶を飲んでもいいのか調べてみました。

 

妊娠中にハーブティー

 

妊娠中はコーヒーなどはカフェインが入っているため飲むのはためらわれます。

 

でもハーブティーならノンカフェインのものが多いですし、安心して飲めると思いがちです。

 

ここでは妊娠中に避けたほうがいいハーブティーをご紹介します。

 

カモミール

 

リラックス効果のあるハーブとして有名です。

 

血行促進、むくみの解消などに効果があります。

 

ですが、妊娠中の方が摂取すると子宮収縮効果があり、禁忌とされています。

 

ラベンダー

 

ラベンダーの香りに癒される方も多いと思います。

 

偏頭痛や不眠解消に効果的です。。

 

ですが、妊娠中に摂取した際の安全性に対する情報が少ないため、国で摂取は避けるように推奨されています。

 

ラベンダーオイルで女性ホルモンエストロゲン分泌異常、ハーブティーで抗コリン症候群の報告が出ています。

 

ハトムギ

 

健康茶としてもお馴染みのハトムギ。

 

利尿作用や抗腫瘍作用がありますが、妊娠中に摂取すると子宮収縮作用があります。

 

また、異物を体外に出そうとする作用もあるため赤ちゃんを異物とみなしてしまう危険性があるので、絶対に禁忌です。

 

市販のお茶に使われていることが多いため注意が必要です。

 

サフラン

 

サフランにはビタミン、βカロチンが多く含まれています。

 

抗酸化作用に優れていますが、妊娠中に摂取すると子宮が刺激する成分が含まれているので、妊娠中は禁忌とされています。

 

その他にセントジョーズワーズ、レモングラス、アロエ、ウイキョウ、リコリス、ハイビスカス、ベニバナなどが妊娠中は禁忌です。

 

では青の花茶には妊娠中に避けたほうがいいハーブは使われているのでしょうか。

 

青の花茶を妊娠中に飲む場合

 

青の花茶には妊娠中に飲んでも副作用が出ないとされるハーブのみで出来ています。

 

ですが、青の花茶の一部のハーブの成分には薬と一緒に服用すると、薬の成分を変質させる成分が含まれています。

 

妊娠中は大事な時期です。

 

妊娠中に青の花茶を飲む際は、かかりつけの医師に相談をしてから飲むようにしましょう。

 

青の花茶のまとめ

 

妊娠中に青の花茶を飲んでも大丈夫なのかを調べて、ご紹介いたしました。

 

青の花茶には副作用はありませんが、青の花茶を妊娠中に楽しむ際は、医師に相談してからにしてください。

 

その他のハーブティーを飲む時も細心の注意を払って、確認をしてから摂取をするようにしてくださいね。

 

もっと青の花茶を知りたい方は公式サイトも是非、ご覧下さい。

 

>>リラックス効果でイライラ緩和、青の花茶の詳細はこちら